Article読みもの

温度計校正の仕方は?きちんと調整された温度計で正しく計測しよう!

温度計校正の仕方は?きちんと調整された温度計で正しく計測しよう!

食中毒対策

食中毒

「温度計の校正の仕方について知りたい」
「温度計の校正はなぜ必要なの?」
食品製造における品質管理に欠かせない温度計は、定期的な校正の必要があります。
そこで今回は自分たちでできる温度計校正の仕方について詳しく解説します。
正しい校正の方法を知っておけば、温度計の精度はきちんと保たれ、製品の品質安定化にもつながるはずです。
「HACCPにおいても温度管理は重要項目。温度計の校正をきちんと行い、正しく計測しましょう」
あわせて温度計校正を怠った場合に考えられるリスクについても解説しています。最後まで内容をチェックしてくださいね。

温度計校正の仕方は?4つの校正方法をご紹介

温度計校正の仕方は?4つの校正方法をご紹介
食品製造の現場で欠かせない温度計ですが、使っているうちに劣化したり壊れたりするケースは多く、気づかないうちに測定値に誤差が生まれてしまうことがあります。
そこで必要なのが温度計の校正。 正しく数値が計測できているか精度をチェックする点検 のことです。
常に正しい温度を測定できるようにするためには、定期的に温度計の校正を行う必要があります。
メーカーに依頼して温度計を校正する方法もありますが、基本的には自分たちで行う方法で問題ありません。
自分たちでできる温度計校正の仕方には以下の4つの方法があります。

校正方法1:熱湯と氷水を使って校正を行う

熱湯は常に100℃を、氷水は0℃を指す性質を利用して校正を行う方法 です。
熱湯は電気ケトルなどで沸かしたお湯を用意し、氷水は細かく砕いた氷を水に入れてしばらく放っておいたものを使い、温度を計測します。
それぞれ100℃、0℃を指せば温度計の精度は問題ありません。
費用もかからず、手軽に行える方法ですが、環境に左右されることが多く、目安の点検として行うのがおすすめです。

校正方法2:複数の温度計で比較する

温度計を複数用意し、同じ環境条件のもとで計測する方法 です。
2本の温度計では違う数値を指した場合にどちらの精度に問題があるのかわかりません。
したがって3本以上(できれば4本以上あるとベター)の温度計を使います。すると異なる数値が表示された温度計は精度に問題があると判断できます。

校正方法3:すでに校正されてる標準温度計を使う

標準温度計を使い、使用している温度計の測定値が正しいかどうか調べる方法 です。
標準温度計とは精度が高く、温度計の校正に使われる温度計のこと。
校正証明書付きのタイプであれば、安心して使えます。
校正証明書付きの標準温度計をお求めの方はこちらをご覧ください。
ただし、標準温度計も普通の温度計と同じように校正が1年に一度ほど必要となり、その場合はメーカーに依頼する必要があることを知っておきましょう。

校正方法4:毎年新品の温度計を購入する

新品の温度計を標準温度計代わりに利用する方法 です。
温度計はメーカーから出荷される前に校正され、多くの場合1年ほどの保証期間があります。
その期間中は測定値の精度が保証されるため、標準温度計としての利用が可能です。
期間が終わったら通常の温度計として使用しましょう。
実際に使う際には他の温度計と見分けがつくように、ラベルなどをつけておくとよいですね。

許容される温度の誤差は±1℃

許容される温度の誤差は±1℃
食品製造の際に使用するにあたって、温度計の精度には寸分の狂いも許されないというわけではありません。
しかし校正を行う人それぞれの感覚に任せると「1℃の誤差も許されない」、「5℃くらいなら誤差があっても大丈夫」などバラバラになってしまうおそれがあります。
とくに決まりはありませんが、 食品事業者の場合は±1℃の範囲であれば問題ない と考えられています。
誤差の範囲はどの程度まで許容されるのか決めておき、あらかじめスタッフへ周知しておきましょう。

温度計校正を行う頻度・タイミング

温度計を使う頻度や、計測する対象などによっても異なりますが、 月に1回以上の頻度で行うのをおすすめ します。
とはいえ、可能であればできるだけ高い頻度で行う方が温度計の精度が落ちていることに早く気づけます。
終業前や曜日などタイミングを決めて、前述した「熱湯と氷水を使う方法」や「複数の温度計を使う方法」など簡易的な方法で行うことをルールにしておくとよいでしょう。

温度計校正を怠るとどうなる?考えられるリスク

温度計校正を怠るとどうなる?考えられるリスク
温度計の校正を怠ったとしても、何らかの不具合やデメリットが直ちに発生するわけではないとお考えかもしれません。
しかし校正を怠り、温度計の測定値の精度が低下していることに気づかないまま使い続けていると、以下のような思わぬリスクが発生することがあります。

正しい温度の測定・記録ができない

温度計校正を怠り、精度が下がったまま使い続けていると、温度を正しく測定・記録できません。
HACCPにおいて、温度管理や記録は重要な項目として挙げられていますが、誤った計測値では記録が有効でなくなってしまいます。
つまり、万が一 製品に何らかのトラブルなどが起きた場合、温度管理の記録が意味を持たず原因究明できない などのおそれもあります。

食品事故につながるおそれがある

精度が落ちた温度計を使っていると、食品事故につながるおそれがあります。
たとえば食中毒対策のために「90℃で2分間」加熱するよう設定されている場合、使用する温度計の精度が低くなっていると実際の温度は80℃なのに90℃と表示されてしまうことがあるかもしれません。
すると 規定通りに加熱できずに菌が死滅せず、その結果として食中毒事故を引き起こす ことも考えられます。
とくに大規模な食品工場の場合には大きな事故になりかねないため、注意が必要です。

商品回収のリスクがある

温度計の精度の低下は、 出荷した商品を回収しなければならない事態を招くおそれ もあります。
万が一商品に何らかのトラブルが生じた場合、製造工程をさかのぼり、温度管理が適正だったかなどチェックを行います。
しかし、温度計に誤差が生じていたことが判明すると、その計測が正しかったのか確認をとることができません。
その結果、その商品が安全かどうかきちんと確認がとれるまで出荷できず、もしすでに出荷している場合は回収しなければならなくなってしまいます。
製造した商品を出荷できない、回収するなどの事態になると、被る損失も決して小さいものではなくなってしまいます。

まとめ:定期的に温度計校正を行い、安全な食を提供しよう

まとめ:定期的に温度計校正を行い、安全な食を提供しよう
食品事業者にとって、温度管理は製品の安全性に直結します。
適切に温度管理をする上で、温度計の校正は欠かせない点検です。
普段の業務に組み込み、スタッフにもその重要さを周知しておきたいですね。
まとめ
  • 温度計の校正は自社で行うことが可能
  • 温度計の校正は衛生管理や安全管理の面からも非常に重要
食の安全を確保するため、 定期的に温度計の校正をきちんと行い、常に正しく温度を測定できる ようにしておきましょう。

関連記事